旅のお伴、デジカメ更新

このたび、旅のお伴として活躍しているコンパクトデジカメを久しぶりに更新しました。今までパナソニックのLUMIX DMC-FX2を使っておりましたが、今回は、発売になったばかりのDMC-FX01を購入しました。

今まで使っていたFX2は、コンパクトながら手ぶれ補正など付いていて、非常に使いやすかったのですが、今回の更新のポイントは画角。35mmフィルムカメラで35mm相当の広角がコンパクトデジカメでは普通だったのですが、やはり旅のスナップ撮影には結構物足りない。一眼レフを使えばいいのですが、海外とか、あまり大荷物にしたくないときにはコンパクトのみで行くので、やはり28mm~のコンパクトデジカメは悲願だったのです。リコーがだいぶ前から出していたのですが、画質が気に入らないのと、カメラの作りの安っぽさで敬遠していました。このたび、パナソニックで今までと同じサイズにもかかわらず28mmからのLUMIXを出したのはまさに望んでいたもの。あまり実物を見ずに買うことはないのですが、さっさと予約を入れて、発売日には入手しました。

写真は手前が新しいFX01、奥がFX2。
画像

外観はほとんど変わりませんね。画素数も裏の液晶画面も大幅に大きくなりましたが、それについては特に不満はなかったのですが、やはりなんといっても今回は広角の広がりが大きいです。画質は、やはりちょっと無理しているなという感じはしますが、コンパクトデジカメとしては十分及第点でしょう。今後、アルバムなどでFX01の写真もお披露目したいと思います。

ちなみに、私のアルバムの写真は一眼レフであるニコンのD100と混在しています。D100は2003年の10月に購入しましたが、後継のD200なども出てきましたのでそろそろ買い換えかなと思いつつ、まだまだ働きそうです。

ちなみに、デジカメは1998年から使っており、最初に買ったのは35万画素。最近の携帯電話のカメラよりもお粗末なものですが、当時は6万円くらいしたものです。コンパクトデジカメは今回で9代目。今まで使っていたものを挙げると、こんなところです。

・1998年2月 FUJI DS-30(35万画素)
・1999年3月 FUJI FinePix700 (150万画素)
・2000年4月 FUJI FinePix1700Z(150万画素)
・2001年12月 FUJI FinePix4700Z(220万画素)
・2002年2月 FUJI FinePix6800Z(310万画素)
・2002年12月 Panasonic LUMIX DMC-F1 (320万画素)
・2004年4月 Panasonic LUMIX DMC-FX1 (320万画素)
・2004年8月 Panasonic LUMIX DMC-FX2 (400万画素)
・2006年3月 Panasonic LUMIX DMC-FX01(600万画素)

ずいぶん短命なものもありますが、壊れたりしたわけではありません…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • FX01~各ISO撮り比べ編~

    Excerpt: 今日はあいにくの曇天模様でしたが、FX01と共に張り切って成田にある航空科学博物館へ。 何枚か撮っているうちに、気になる点がいくつか。 まず、電源SWが何かの拍子に、誤って操作してしまいそうな形状.. Weblog: DIGITAL AVIATOR racked: 2006-03-12 22:39