天元台、裏磐梯

この週末も天候に恵まれ、10月14日(土)は日帰りで福島の裏磐梯から、西吾妻スカイバレー、白布温泉、天元台と回ってきました。秋晴れの中、紅葉も見頃を迎え、秋の風景を堪能してきました。


まずは裏磐梯、五色沼にちょっと寄ります。紅葉にはまだ早いとは思っていましたが、だいぶ色づいてきていました。来週あたりが見頃になりましょうか。

画像
五色沼、毘沙門沼と磐梯山


桧原湖を眺めつつ、山形との県境を越え、白布温泉、米沢に至る「西吾妻スカイバレー」を通ります。昔は有料道路でしたが、今は無料となっています。そういえば、磐梯熱海から裏磐梯への道で通った「母成グリーンライン」もつい最近無料化されまして、料金所の撤去中でした。白布峠を越え、天元台ロープウェイの湯本駅へ向かいます。
画像
白布温泉、湯本駅からロープウェイとリフト3本を乗り継いで1820mの北望台まで、リフトの距離が長く、通しで1時間弱ぐらいかかります。

画像
1本目と2本目のリフトの間にある「中吾妻展望台」付近の紅葉が見頃を迎えていました。

リフトの終点、北望台近くに五名峰展望台がありまして、ここからは蔵王・朝日・飯豊・月山・鳥海の山並みを見ることが出来ます。ここからは西吾妻岳までトレッキングも出来ますが、私はそれほど気合いもないので、【初級】とされている1時間ほどの周回コースを歩きました。

画像
岩が多くちょっと歩きにくい登山道を20分ほど登ると「かもしか展望台」という1940mのちょっと開けたところに出ます。ここからの眺めも眼下の紅葉と遠くの名峰が見事です。

画像
かもしか展望台からは草紅葉が広がります。勾配も緩くなり、木道が整備されていて歩きやすくなります。分岐を右に鞍部に降りて進むと梵天岩、天狗岩、西吾妻山と続きます。そちらではなく、そのまま人形石に進みます。

画像
人形石といっても、大きな岩があるだけです。そこからリフト乗り場に下ります。人形石からリフト乗り場の道はかなり荒れていました。何カ所か倒木で道が遮られていて、どう進んで良いのか分かりにくいところもありました。


画像
白布温泉まで降りてから、温泉に浸かります。天元台ロープウェイはリフトとセットで往復2,700円ですが、「日帰りトレッキングチケット」を天元台高原のホームページから印刷して持っていくと、日帰り入浴とセットで2,800円というお買い得なものがあります。6カ所の宿などで使えますが、ロープウェイの切符売り場で入浴時間が記されたマップをもらえます。その中で、西屋さんという宿に行きました。ちょっと狭い浴槽でしたが、歴史を感じる風情のあるお風呂でした。


画像

帰りはまた西吾妻スカイバレーを戻ります。途中、錦平ではまさにその名のとおり、赤と黄色のじゅうたんを敷き詰めたような景色が眺められます。


その後は喜多方によって久しぶりにラーメンを食べてから帰途につきました。往復600kmは昔は何ということなくやっていましたが、最近はちょっと疲れますね。とはいえ、今回も好天に恵まれ、秋の風景と温泉を堪能できて満足です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック