十和田湖、青森

10月の超割/バーゲンは、JALのバーゲンで三沢空港in/青森空港outで日帰りしてきました。今年は例年よりも若干遅めの紅葉ということで、期待が持てます。朝7時50分発のJL1225便、三沢行きのMD-90はクラスJ改造済みでした。残念ながらクラスJには座れませんでしたが、MDはエンジンが最後方なので、静かで良いですね。途中、雲の多い東北上空を通り、1時間ほどで三沢空港に着きました。三沢基地にちょっとターミナルくっつけて間借りしているという感じの空港でした。

まずは、十和田市を抜けて奥入瀬を目指します。紅葉はまだちょっと早めでしたが、だいぶ色づいていました。車はかなり混みますので、出来れば歩いて行きたいところですが、さすがに時間がないので車を止めながら見ていきますが、混んでいるので車もそう簡単に止められませんです。

画像
銚子大滝


十和田湖畔はちょうど紅葉の見頃を迎えていました。写真はちょうど陽の差した瞬間を撮っているので天気がよく見えますが、寒気の影響で曇りがちで風も冷たく、寒い日でした。

画像
観湖台から紅葉の十和田湖

画像
乙女の像

画像
休屋(乙女の像付近)

画像
発荷峠


その後は湖を半周して、黒石方面へ。途中、湯川温泉「湯川山荘」に立ち寄ります。野手溢れる露天風呂からは色づいた木々が眺められ、良いお風呂でした。

画像
吊り橋を渡って湯川山荘へ。


天気が良くなく、あっという間に暗くなり、青森市街に行きます。ガイドブックに載っていたあおもりラーメン「金太郎」でラーメンを食べました。あおもりラーメンがご当地ラーメンとして認知されているかどうかは疑問ですが、濃厚なダシに分厚いチャーシューでなかなか美味しかったです。16時半ごろ行ったら客がほとんどいなかったのでどうかと思いましたが。

画像
メモリアルシップ八甲田丸です。500円で中に入れます。青函連絡船は函館に摩周丸、船の科学館に羊蹄丸があります。車両甲板には当時の車両などあったり、一部座席や設備が残してあったりして、この八甲田丸が一番当時の姿を残していますね。それにしても客が自分以外いなかったようで、ちょっと不気味です。

画像
夜の青森駅。地方都市の19時は結構寂しい雰囲気が漂っています。八甲田丸や駅の後ろに見えるのは青森の新名所?青森ベイブリッジです。ライトアップは時間によって色が変わるようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック