吉備路・高梁、足守を巡る

昨日は倉敷にたどり着くまでが一苦労でしたが、今日は大荒れの天気も治まり、穏やかな晴れとなりました。時折、雪雲が太陽を遮りますが、おおむね晴れの天気でした。

倉敷からレンタカーを借りて、岡山の北の方、吉備路といわれるあたりをのんびりと巡りました。まずは、備中国分寺へ。この辺は古墳があったりして「風土記の丘」と呼ばれているそうな。備中国分寺は南北朝時代に消失して、江戸時代に再建された五重塔があります。田園風景の中に映える五重塔です。

画像


その後は、国道を30分ほど走り、高梁(たかはし)へ。日本一高い位置にある天守閣を持つ備中松山城は標高430m。車で狭い道を上っていき、そこからさらに徒歩20分かなり急な道を上ってようやくたどり着きます。天守は日本に現存する12のうちの一つだそうで、あまり事前知識なしで何となく行ったのですが、とても綺麗な城でした。

画像


城下町には足利尊氏が安国寺として建てた頼久寺があり、枯山水の美しい庭園があります。武家屋敷や土蔵の残る町並みも綺麗です。

画像
美観地区

画像
頼久寺庭園


続いて、足守藩主木下家の陣屋町の面影が残る足守へ。こちらも土蔵作りの武家屋敷や庭園があります。

画像
旧足守商家藤田千年治邸

画像
近水園(おみずえん)


その後は、岡山市街に行こうかと思いましたが、前にたっぷりと見た後楽園ぐらいしか行くところもないので止めて、時間が余ったので招き猫美術館に寄ります。市街北部の山間にある金山寺の近くにあります。様々な表情の招き猫がたくさんありまして、見ていて飽きません。ちなみに招き猫の左手を上げているのは客を招くそうで、右手は金を招くそうな。

画像


画像



さて、帰りの飛行機は岡山19時ちょうど発のJL1688便。JTA機材で運行するボーイング737-400で、満員でした。今回は前日の22時にWebチェックインが出来なくて、空港での搭乗手続きで座席指定をしました。どうやら時刻が若干変更になっていて、そういう場合はWebチェックインが出来ないようです。かなり後ろの方に久しぶりに乗りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月09日 13:53
こんにちは。
う~ん、綺麗な景色どすなぁ^^ 庭園も綺麗どすし、お城も素敵どすな^^ わてはこういうの大好きなんどす。素敵な写真をありがとう^^

この記事へのトラックバック