オスロからベルゲンへ

北欧行き2日目は、オスロ市内見物です。昨日の夕方から朝にかけては雲に覆われておりましたが、天気は徐々に回復、昼過ぎには日差しが暑い陽気となりました。曇っていると肌寒いですが、太陽が出ると強烈な日差しを感じます。

結構遅い時間まで明るいので、つい10時ぐらいまで表に出ているので、ブログの整理をしている時間がありません。と言うわけで、ちょっとまとめて更新。解説は省略

画像
オスロ、王宮

オスロは美術館や博物館などが多いですね。国立美術館には、エドワード・ムンクの「叫び」「マドンナ」などの名作が展示されています。また、ちょっと郊外に行ったムンク博物館にはムンク作品が大量に展示されています。こちらは有料ですが。

画像
夕方にはもうオスロを後にし、ベルゲンに向かいます。ノルウェーの国内線で、50分ほどの時間です。満員の機内でした。

ベルゲンのホテルには21時30分ごろ到着。ちょうど日が入るところでした
画像



翌日のベルゲンは好天に恵まれ、朝からフィヨルド観光です。1日目は最も人気のソグネフィヨルドです。

画像
ベルゲンから2時間ほど列車に乗り、ミュールダールまで。そこから急勾配をフロムまで下るフロム鉄道に乗ります。

フロムからは、フィヨルドを船に乗って2時間ほど進みます。千メートル近い断崖が続く雄大な風景が続きます。

画像


今日は好天に恵まれました。明日はもうひとつのフィヨルド、ハダンゲルフィヨルドに向かいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック