鉄道博物館

関東地方は雨の週末となりまして、遠出の予定もなしでした。紅葉見物もできないので、先月14日にさいたま市(大宮)にオープンした鉄道博物館に行ってきました。埼玉県南部に住んでいるのでごく近所ですから、いつでも行けるのです。混んでいたらまた今度にしようと思いつつ、大宮からニューシャトルで一駅、オープンと同時に改名した「鉄道博物館駅」へ向かいます。

画像


オープン以来、だいぶ混雑しているという噂を聞いていましたが、そろそろ落ち着いたかなと甘い見込みで行ってみました。混雑状況は朝10時のオープン15分前で、4人横並びで約100mほどの列が出来ていました。また今度にしようかしらと思いましたが、年会費3,000円払って「Teppa倶楽部」という会員になっておいたので、1年間は入場フリー。とりあえず中を見ておこうと並びましたが、オープンしてしまえば10分ぐらいで入場できましたので、それほど混雑しているというほどではありませんでした。

鉄道博物館のメイン、ヒストリーゾーンにある36両の実車は、きれいに修復されていています。上野駅を起点に活躍した特急や急行列車が懐かしいです。床下や屋根上なども見られるように工夫してあったり、多くの車両は中にも入れるようになっていて興味深いです。

だんだんと人が増えてきて、11時過ぎぐらいには歩くのも大変なほどになってきました。やはりまだまだ訪れる人は多いみたいですね。展示を眺めるぐらいならどうにかなりますが、模型鉄道ジオラマもだいぶ待たないと見られないですし、シミュレータなどの体験も相当な待ち時間があるようです。食堂や弁当売り場も長蛇の列が出来ていました。とりあえず今回はざっと見てきただけ。1年間いつでもタダで行けるので、またの機会に行ってきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 鉄道博物館 2013

    Excerpt: 鉄道博物館の2階には、約25m×約8m、軌道総延長約1,400mという、日本最大級の鉄道ジオラマがあり、約1200両のHOゲージの列車が走る。10分程度の解説プログラムを1日4回デモンストレーションし.. Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2013-07-28 00:04