12月バーゲン、但馬行き

いよいよ今年もあと1ヶ月となりまして、1年間にJAL便を50回乗ってJMBサファイア取得→JGC入会計画も大詰めです。今週末は12月バーゲン設定日。といってもなかなかオイシイ路線は取れないので羽田-大阪を利用し、先得割引で伊丹-但馬を購入。日帰りで羽田-伊丹-コウノトリ但馬を往復して4回の搭乗を稼ぎました。46回まで搭乗していますので、これで50回達成となりました。

朝はいつもより遅い103便羽田7:30発です。満員で空席待ちまで出ていました。搭乗者の確認が取れないとかで、24分も遅れました。伊丹での但馬行きへの乗り継ぎは定刻で25分しかありませんので、当然、着陸したときにはもうあと5分、ゲートで係員が待ちかまえていました。羽田からの5人の乗り継ぎ客と共に走り、JAC2321便は10分ほど遅れて出発となりました。

画像
JAC2321便はSAAB340です。36人乗りです。伊丹からは30分ほどでコウノトリ但馬空港に到着。冬型の気圧配置で日本海側は曇~雨の天気です。 ちなみにこの空港の定期便は1日2本、伊丹との間だけとなります。大阪-豊岡は特急で3時間かかりますから、飛行機を飛ばす意味はあります。空港には東京直行便の実現をと願いが書かれた看板がありましたが、需要も設備もあり得ないのではと思いますが…。伊丹乗り継ぎでも十分便利ですね。


空港からバスを乗り継ぎ、まずは出石(いずし)の町へ。出石は「但馬の小京都」ともいわれる歴史ある町です。天気はちょっと南に下がったせいか、晴れていました。

画像
出石のシンボル「辰鼓楼(しんころう)」。出石城郭で時を告げていたそうな。

画像
出石といえば「皿そば」。たくさんのそば屋があります。この時期は地元の新そばを使っているそうです。出石焼の皿に一つずつ盛られ、生卵、山芋も付きます。1人前は5皿です。+一皿140円で注文でき、20皿食べれば記念品がもらえるそうな。+5皿で10皿食べましたが、10皿で1,550円。量よりも財布に問題がありますね。

画像
出石城址から町を望む。


豊岡駅にバスで戻り、鉄道で城崎温泉に向かいます。

画像
山陰本線の普通列車は国鉄時代の気動車。懐かしいですね。乗車時間は10分ほどです。ちなみに豊岡-城崎はちょうど列車がありましたが、本数はバスの方が多く便利そうです。

画像
城崎温泉は昔ながらの風情のある温泉街。この時期、「松葉ガニ」を食べさせる店、売る店で賑わっています。

画像
というわけで、カニ。フルコースを食べる時間も金もないので、大黒屋の「かににぎり」(1,500円)。ちょっと高いですが、ボリュームあるカニの身に大満足です。

画像
城崎には外湯がたくさんありますが、今回は「御所の湯」。800円はちょっと高くかなという印象。土曜の夕方ということもあって大混雑。浴槽は広いのですが脱衣場は人で溢れており、風呂を上がったときには入場規制で列が出来ていました。この時期、城崎温泉は相当賑わっていますね。夕方はすっかり雨となりました。

画像
城崎温泉駅。カニをかたどったモニュメントがあります。

画像
城崎温泉駅からバスに乗り、空港へ。帰りは18:05発JAC2324便~JL138便と乗り継いで羽田に戻りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック