八重山 離島航路 今昔

台風8号が先島地方、八重山を直撃しましたね。先日、石垣島を訪れたときは「雨が少なくて、今年は台風も来ていないし」なんて話を聞きましたが、あの後、数日後には荒れ模様になりましたら、天気の変化は早いですね。

無事に、台風が来る前の晴天を堪能できまして良かったです。今週末は写真の整理などしていました。

今回は8回目の石垣訪島ですが、初めて石垣島を訪れたのは2002年12月で、そのときはなんと日帰りだったんですね。

画像
羽田→石垣の今は亡きANK551便が超割で10,000円。思えば、石垣島なんて最果てまで行くきっかけは、超割だったんです。

画像
当時の離島桟橋は建物なんてありませんでした。

画像
波照間へは3回行っていますが、過去2回は安栄観光だったようです。この頃、離島桟橋は屋根付きの桟橋が1本しかなかったので、こんなところから出ていました。それにしてもこの当時から安栄の波照間行きは「第78あんえい号」の専属運用だったのかしら。

画像
八重山の離島も今となってはすっかり桟橋が整備されていますが、昔は何もなかったんですね。

画像
豪快に水しぶきを上げて疾走する八重山の高速船。時速60kmぐらいでまさに「駆け抜ける」感じです。初めて乗ったときにはこの速さはけっこう衝撃的でした。


画像

画像
現在の離島ターミナル。

画像
八重山観光、安栄観光の二社体制から、石垣島ドリーム観光の参入により、3社体制に。一昔前と比べると各島に行く船の本数は格段に増えた印象です。観光客は年々増加しているのでしょうか。多くの路線が3社競合しておりますが、八重山観光は比較的大きな船で落ち着いた感じ、安栄は比較的小さな船で、荒天でもくじけずに船を出すところから地元に人気があるとか、石垣島ドリームは新参らしく、丁寧なサービスが印象的でした。という感じで、各社けっこう色があるかも。






石垣島の手作りコースターです♪石垣島の手作りの織物【八重山ミンサー(やえやまみんさー)】コースター経済産業大臣指定品【シーサーと同梱すると断然お得】
沖縄南の島陶芸工房
●宅配便でのお届けとなります。 ※ 職人による手作りのため、また、時期により若干の色合いの違い、形、

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック